妊娠を予防して月経をおこす、輸入されたアフターピル

月経がある年代の女性が、性交渉を行う場合、いつも妊娠という不安が付きまといます。これが結婚を前提でお付き合いしている、また子供が欲しくて計画的に性交渉のタイミングを持っているなどの状況であれば、何の問題もないでしょう。妊娠しても、喜んで赤ちゃんを迎え入れることができるはずです。しかし、これが自分が子供が欲しいというタイミングでない場合、また望まぬ妊娠だった場合に妊娠をしてしまったら、赤ちゃんのあきらめざるえません。このような結果を避けるためには、きちんとした避妊方法が大切なのです。しかし、性交渉、そして避妊を行うということは自分一人で行うことではありません。自分のパートナーの協力が無ければできないことなのです。そのためには、パートナーと話し合い、理解をし、避妊を行うことが大切です。しかし、この避妊法も方法によっては確実でない場合もあります。また避妊法が失敗をするということもあるのです。そのような時に女性を助けてくれる方法で、アフターピルを内服する方法があります。これは性行為の後に内服をする薬で、緊急避妊薬といわれます。内服をするためには、性交渉の72時間以内に飲まなければならないなどいろいろな規定があります。またアフターピルにもいくつかの種類があるので、正しい医師のアドバイスを受けて飲む必要があります。これを飲むことで妊娠を避け次の月経を迎えることができるのです。このアフターピルは、現在日本では輸入された薬を処方しています。それぞれ輸入する国も違いますが、吐き気や気分不良などの副作用を訴えることが多く、そのために吐き気止めなどの薬も一緒に処方することが多いようです。また輸入薬は決して安価ではなく約1万程度かかる病院もあります。そして次の月経を確認するまで、定期的な受診が必要です。

村上和樹

不動産仲介の仕事を始めてから5年経ちました。 現在の仕事をする前は沖縄で悠々自適な生活を送っていました。 人と話す事が好きで、それはインターネット上でも変わりありません。 どうぞよろしくお願い申し上げます。