子宮内膜症及び子宮腺筋症の癌化の可能性について

婦人科の病気で比較的罹病率が高いと思われる病気の一つに、子宮内膜症及び子宮腺筋症が挙げられます。
通常、子宮内膜は子宮の内側に存在し、生理の時に剥がれ落ち、血液と共に排出されるものですが、その子宮内膜が何らかの理由で子宮以外の部分にでき、女性ホルモンの刺激で異常な内膜が増殖してしまう病気が子宮内膜症です。
又、子宮内膜症の中で、子宮の筋肉内に子宮内膜が出来たものを、子宮腺筋症と呼びます。
どちらの病気も子宮が大きく肥大してしまう特徴があります。
子宮以外の場所に出来てしまった内膜も、月経時には子宮内の内膜と同様に血液と共に剥がれ落ちる為、月経の血液量が増える過多月経の症状が現れます。
その他の症状としては、強い生理痛、貧血、腰痛等の症状が見られ、更に不妊、流産の原因となる場合があります。
更に注目しなければならないのは、ごく稀にではありますが、この二つの病気が癌に変わる可能性があるという事でしょう。
組織内に残存した内膜が癌化する場合があるとの報告があり、子宮腺筋症から子宮体癌に移行した症例もあるようです。
子宮内膜症も子宮腺筋症も、生理が始まった年齢から年月が経つほど発病率が上がり、も30代後半から40代で発病のピークになりますが、近頃では低年齢化が進んでおり、20代の女性の発病も多く見られるようです。
働き盛りの20代や30代の女性は、生理痛や腰痛を市販の鎮痛剤で抑えて生活をし、結婚して不妊に悩み、初めて検査を受けて病気に気付く方も多いようですが、生理に異常を感じたら、是非早めに検査を受けることをお薦めします。
現在では、子宮や卵巣を摘出せずに治療することも可能ですし、進行度合いもよりますが、治療後に妊娠、出産することも可能です。

村上和樹

不動産仲介の仕事を始めてから5年経ちました。 現在の仕事をする前は沖縄で悠々自適な生活を送っていました。 人と話す事が好きで、それはインターネット上でも変わりありません。 どうぞよろしくお願い申し上げます。